スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【運営日記】アナログ画板10周年画集原画展示inデザフェス〜まとめ〜

きちんとクローズしよう!と思って早数ヶ月…
いや〜本当に遅くなってしまって申し訳ありませんでした!完璧な運営には程遠いですね!
反省です。

というわけで、全体の振り返りにしばしお付き合いください!

* * * * * * * * * *

10周年記念画集のテーマは『世界を幸せにする魔法使い』の絵。
難しいテーマだったにもかかわらず、出来上がってみれば
宝物のような一冊になりました。

それもこれも、参加者の皆さんが真摯にテーマや作品と向き合ってくださったおかげです。
本当にありがとうございます!


今回の画集企画は、去年のアナログ画板10周年記念展示
「an*aLOG10展」(※アナログ画板非公式で公認)の企画を前身としています。

その「an*aLOG10展」の打合せ内で、主催飛尽さんを含む運営3人でウッカリ盛り上がってしまい
『画集発行&原画展示』という夢の企画を、アナログ画板10周年のイベントとして
立ち上げることにした…というのが今回の経緯です。

この運営というのも、そもそも公式なものではなく
丹羽さんとまそらが勝手に挙手し、なかば強引に乗り込んだというものなんですが
そんなアマチュアな2人が、画集発行という大掛かりな企画にまで関わらせて頂いてしまって、
主催の飛尽さん、及び、参加者の皆さんには本当に多大なご迷惑をおかけいたしました…。

特に飛尽さん…!
主催者ということで、いろいろ言いたいこともあったでしょうし、
時には意にそわぬこともあったかとは思いますが、
本当に好き勝手させていただいてしまい、すみませんでした。
……おかげで、運営中は毎日楽しかったです(笑)

飛尽さんはほんとね〜思いつきを寛容に認めてくださるんですよ!
こんなに自由度の高い、なんでもさせてくれるコミュニティ、ないんじゃないかな…(笑)
でも、肝心なところはぶれずに居てくれるので、迷走してもきっちり戻してくれるという!
暴走体質の運営ズ(イヤ、主に私…)でしたが、そういう意味では安心感がありました。

そんなこんなで、運営としては反省点も多く、改めて、企画をまわす立場の難しさを感じましたが
でも、アナログ画板の新しい形としては、可能性を感じられる進め方だったように思います。

7周年にはじまった原画展示から、早くも3年以上の月日が経ちました。
アナログ画板の展示を通し、顔見知りのメンバーも増えています。

メンバー同士で展示企画案を出し、アナログ画板も協賛という
今後はこんな形もアリなんじゃないかな、と。
盛り上げてもらうのを待つのではなく、どんどんメンバー同士で楽しく盛り上げて行くのも
それはそれで楽しそうですよね。まるで部活みたいな!

変化していけるコミュニティは廃れない、と思ってます。
今回、画板も10年という節目を超えて、
また新しい形になっていけるんじゃないかな、変化して行けるんじゃないかな、という
可能性を感じることができるような、そんな企画でした。


公式での原画展示という形ではしばらくおやすみかもしれませんが
web展示は続く(予定)とのことですよ!
今もまさに、11周年web展を開催中です!
まだ作品を募集中とのことですので、画板メンバはじゃんじゃん投稿しちゃいましょう!
メンバじゃない方は、ぜひ展示会場に遊びにいらしてください!感想BBSも常設中〜!

また、10周年記念の画集を入手しそびれてしまった!というあなたに朗報です!
アリスブックスさんで、通販を取り扱って頂いています。
『世界を幸せにする魔法使い』をテーマにした26作品と、メイキングにアンケート特集!
そしてアナログ画板の歴史も振り返られるボリューム満点の1冊です!
気になる方はリンクよりどうぞ!→


* * * * * * * * * *

最後に、この場を借りて、お礼を!

・企画に参加してくださった皆さん
参加費をお預かりしているのに、気まぐれな運営で時に不快な思いもさせたかもしれませんが
最後までお付き合いくださり、本当にありがとうございました!

・一緒に運営をしてくれた丹羽さん
急発進急停止な相方ですみません…
地に足の着いた運営、本当に助かりました…!!

・ぶれない主催の飛尽さん
優柔不断な運営のお悩み相談を、いつもぶれない視点で取捨選択してくださり
本当に感謝感謝です。まさに、飛尽さんあっての画板!
今後の活動も期待しています!!

そして、展示に足を運んでくださった皆さん、画集を手に取ってくださった皆さん!
本当にありがとうございました〜!

またどこかでお会いできればうれしいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。