スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【運営日記】アナログ画板10周年画集原画展示inデザフェス〜作品紹介その3〜

そしてデザフェスレポ、第6弾!
いよいよ最終章です!!

個性あふれる作品がひしめき合う、背面壁の左端!
DSC_0333_convert_20130629174857.jpg
右上:ふわさん、右中:英里さん、右下:norn1939さん
左上:だぶねこさん、左下:坂崎まことさん

では恒例の、右上からご紹介!

■ふわさん
『星降る夜』


 くおんさん同様、低年齢のお客さんに不動の人気を誇っておりました!
 名刺をもらいにきてくれる方も低年齢の方は必ずと言っていいほど
 ふわさんの名刺を持って行っていましたよ。
 原画では淡く優しいにじみを堪能いたしました!ごちそうさまでした!!(?)

■英里さん
『cinema-to-graph』


 設営もお手伝い頂き、本当にアタマがあがりません…ありがとうございます!
 デザフェス常連の英里さんはお知り合いも多くて、
 たくさんのお友達が見にいらしていましたよ〜
 原画は画集よりも深い色味で、また趣が変わり、2度美味しい感じでした!

■norn1939さん
『ネオンの天使』


 意外にもキャラクター的な構図の絵が少なかったので、
 個性がきらりと光っていましたよ!
 (テーマの『10』から『元素記号』という発想はなかった…!)
 メタリックな額も雰囲気を出しており、白のスパッタリングが眩しい原画でした!

■だぶねこさん
『夜梅と昼梅』


 和風の大人っぽい雰囲気で壁の左上をびしっと締めてくれていた作品でした!
 遠目だと版画のようなキッパリはっきりした印象なのに、
 近付いてみるとその繊細に驚くという、蠱惑的な原画。
 額の中に入っているマット紙がお手製で素敵だったので、アップでどうぞ!
 06_dabuneko_san.jpg


■坂崎まことさん
『幸せの足跡』


 鮮やかな色が目に飛び込んできます!これぞ原画の醍醐味…!
 角は暗くなってしまいがちなんですが、そんな配置を吹き飛ばすような色の洪水でした。
 これ、実は両側のお花柄はお手製のマットなんです!
 07_sakazaki_san.jpg
 まるで作品の一部!そしてこれもめでたくお嫁入りしました〜
 
そして最後は、私の中で、「癒しの壁」だった袖壁。
この壁だけでも、まるで一つの箱庭のようでした!
DSC_0335_convert_20130629175009.jpg
最上:飛尽さん
右(2段目):とま咲さん、右(3段目):ハジメチカさん
左(2段目):きのあずささん、左(3段目):羊原咲さん

今回は迷わず、最上段よりご紹介いたします!

■飛尽さん
『10の軌跡』


 言わずと知れた画集の顔、表紙の絵です!
 ティアの時にも驚きましたが表紙との黄色の色味の違いと言ったら…!
 表紙は輝くような黄色ですが原画はずっと優しい黄色なんですよ。どちらも好きです。
 展示を頭上で見守ってくれた、守り神のような作品でした。

■とま咲さん
『小説家の散歩道』


 淡い色味の作品は、特に原画で見ることの幸せを感じるのですが
 とま咲さんの絵は、色味に加えて、余白に儚さと色気を感じてしまい、どきどきします。
 そんなこんなで色味は淡めですが、それでも、普段の作品から比べると
 知人の方に「色がついてる…!」とびっくりされたレベルとか(笑)貴重な一作ですね!

■ハジメチカさん
『の、誕生まであと10年。』


 卵の色や空など、薄づきの色が多くて気付かなかった色がいっぱい!
 原画ならではの色味を楽しむことができました。
 なんと、額がお手製なんです!せっかくなので写真でご紹介。
 05_chika_san.jpg
 切手柄のレトロかわいさが作品とマッチしてます。隅々まで作品っていう感じでいいですね!

■きのあずささん
『魔法みたいなもの』


 作品の小さい文字まで読もうと、みんな目をこらして見ていたのが印象的でした。
 デザフェスには「そんなに絵には興味ない」という雰囲気の方もいらっしゃるんですが、それでも
 この作品だけは、にこにこ見て帰ってくれました。特に年配の女性に支持が高かったです。
 誰の心にもある、普遍的な記憶が甦るような原画でした!

■羊原咲さん
『流れの庭』


 青…画集よりもさらに深い、原画の青!
 そして、画集では残念ながらはっきり拝見できなかったお顔も、はっきり拝むことができましたよ。
 マットもお手製、額もお手製!まるで作品の世界が壁に染み入って行くようです。
 04_hituzi_san.jpg
 買ったら数千円はしそうな素敵額で存在感抜群でした…!ほしい!(えっ)


===============================

…というわけで、のろのろ更新ですみませんでした…。
一部の方、本当にお待たせしてしまって!

会場の様子を交えながら原画の魅力を語るのは本当に難しいなーってうんうん唸りながら
本当はもっといろんなことがあったし、
実際の原画の魅力っていうのは、文章なんかでは語り尽くせないし!

でも、ほんのわずかだけでも、会場の熱気や原画の発するオーラを感じて頂ければ幸いです。

最後は総括!
あともう一回分、お付き合いください!


原画で一堂に会して見られる機会はないですが、お手元で見たいあなたにはぜひ画集で!
展示の熱気をおすそ分けです、アリスブックスさんにて絶賛通販中!
メイキングやアンケート集も充実してます〜!!→


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。