スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【運営日記】編集の日々

こんにちは!企画運営です。
いよいよ来週のコミティアが画集の初お目見えとなります。
運営もどきどきです!!

本当に素敵な出来になっているので、ご参加なさる方は
ぜひスペース(け32a)までお立ち寄りくださいね〜〜!!

* * * * * * * * * * * * * * * * *

さて。せっかくなので、続☆運営がアタマを悩ませた話なんかを…

運営と言うのは常に何かを決めて行かなければいけない立場なので、
印刷屋さんを決めたあとも、悩みに悩みまくっていました。
その中でも、画集の絵の並び順は、また格別でしたね…!

もちろん単純に、『参加番号順で』『作家のあいうえお順で』など、
割り切った順番にしてしまう…という選択肢もあることはあったのですが。

やはり透明水彩からアクリル、果ては切り絵(!)まで、個性あふれる作品ばかりであることを思うと
そう割り切ることも出来ず…あえてイバラの道を行くことに!

つまり、独断と偏見に満ちた運営センスによる、並び順の決定です!

ということで、運営3人が集まったのは、日付は3月末、場所は某宅。
気合いは十分!で、とりあえず丹羽さんがプリントアウトしてくれた作品(※実寸)を、
テーブルに並べてみると

『おぉぉ……!!!』

DSC_0165.jpg

そこに広がったのは幸せな光景…!!!

いやーすごいですよ!ほんとお宝の光景でした!
思わず使命を忘れて見惚れる3人!

『もうこれそのものが10周年のプレゼントですよ!』
『出来上がったら家宝になるんじゃ…!!』
『この原画が見られると思うとっ…』

なんて大興奮で口々に言いながら
本来の目的を思い出すまでに、やや時間がかかりました。。。

我に返ってからは、悩む悩む…。
こっちの方が合うけどでもこの辺がちょっと…などあーでもないこーでもない言いながら、
並べ替えたり眺めたりの繰り返し。
もちろん、幸せな悩みなんですけどね…!!!

でも、奇跡が起こるのは一瞬なんです!
『あれ、これめっちゃいいんじゃない?!!』みたいな!
不思議なことに、3人全員が『もうこれ以上ないんじゃないか』って思える並び順に一瞬なって
うおーすごいな!って思いました…!!


そんなこんなで、どうなったのかというと、
『お隣さんと絵の雰囲気やモチーフが似ていて大変癒しな組合せ』や
『逆に、お隣さんと対極なことで魅力を惹き立てられる組合せ』など、
そんな見開きページを積み重ねつつ、かつ、全体的に大きなストーリーの流れを感じられる並びになったと…!
なったと自負しておりますよっ…!!

というわけで、参加者の皆さん!
ご自身の作品が一体どの辺りに載っているかを、ぜひわくわく楽しみにお待ちくださいね〜〜!
スポンサーサイト

【運営日記】入稿完了…!!!

こんにちは!またまた更新間隔があいてしまい、申し訳ありません…!!
画集の〆切から怒濤の編集作業も完了し、今はもう画集を待つばかり!運営もほっと胸をなでおろしています。

というわけで、今回は画集制作秘話的なお話しを、少しだけ…

画集初心者の運営3人が、画集を入稿するまでには、もう本当に語りつくせぬ紆余曲折があるのですが(笑)
今回は、その中でも運営3人が最もアタマを悩ませた、印刷所のお話です。

+ + + + + + + + + +

画集企画自体は、10周年の有志展示企画an*aLOG10展と同時並行で詰めていたのですが
決まらなすぎて、毎回『次の打合せで決めよう!』と後回しにしまくっていたのがまさに
『どこの印刷屋さんに頼むか?』ということでした。

結局、参加者募集を締め切った後もしばらく悩んでいたのですが、
最終的に決めた印刷屋さんは『(有)ねこのしっぽ』さん!

各所にリサーチをかけたところ、高品質で、丁寧な対応にも定評があり、信頼できる印刷屋さん、とのことでした。

高品質ということもあって、予算的にはカツカツ…いや、実はちょっとオーバーめなんですが(小声)
それでも、やはり大事なアナログ画を少しでも綺麗に印刷して頂くためには…!!と、思い切りました!

そんなこんなで、全ページ『広域色インク対応』にしてもらった、というところは間違いなく今回の画集オススメポイントと言えるかと思います!

簡単に言うと…そうですね。
『色がくすみやすい』印刷でなく、『色がくすみにくい』印刷でお願いした、というところでしょうか?

オプションだったため、通常の印刷より割高なのですが……もうここまで来たらトコトンやりたいというか(笑)
どうせやるんだったらもう、広域だよね!というのが運営3人満場一致の意見でした!

やはり、今回、デザフェスでは原画と並べて展示・販売、という形を考えていたので
原画と並んでも遜色の無い発色が欲しい!という思いはありましたよね。


というわけで、広域色インクの威力はいかほどでしょう?!
結果は画集の出来でどうぞご確認下さい…!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。